スポンサードリンク

トップページ >> 加藤かんたん会計

アンチウィルスによる被害

加藤かんたん会計の法人版初回用を公式サイトからダウンロードする際に、悪質なアンチウィルスソフトによりファイルが知らないフォルダーに隠されてしまう被害が出ています。「hujin01.exe」というファイルが被害に遭っています。 会計ソフトを公開する際には、十分ウィルスチェックをしています。悪質なアンチウィルスソフト会社には、十分注意しましょう。私が被害に遭ったのは、東欧のソフト会社です。皆さ

>> 続きを読む

アンチウィルスソフトの中で、誤作動によりファイルをアンチウィルスソフトのフォルダーに格納してしまうものがあります。そうなりますとダウンロードができなくなります。 アンチウィルスソフトのフォルダーからファイルを元に戻す方法は、ネット上で被害者がアップしていますので、その指示どおりすればインストールまで可能ですが、ウィルスに感染したのかなという不安を抱かせます。迷惑です。 アンチウィルス

>> 続きを読む

消費税10%対応 加藤かんたん会計

令和元年10月1日より消費税に軽減税率が採用されます。 それに合わせてソフトを改良しました。法人税用と個人一般用にのみ軽減税率の適用を取り入れました。 個人不動産用は、食品を買うことは無いと思い、軽減税率を取り入れませんでした。下記のURLからダウンロードをしてご利用下さい。無料です。 http://katoukantan.com

>> 続きを読む

平成32年分 所得税確定申告 青色申告特別控除 その2

平成32年分から所得税の確定申告の青色申告特別控除65万円の適用方法に制限が加えられました。加藤かんたん会計が、その適用要件を満たすか否かは検討中です。 会計ソフトが不正に使用されていないことが条件の1つでもありますので、後日入力した仕訳を訂正する際は、現在は誤った仕訳の金額をゼロにして、新しい仕訳を起こしてくださいと指導していますが、これを誤った仕訳をもう一度入力して金額を「ー」表示で行

>> 続きを読む

エラー53が表示される理由

加藤かんたん会計は、複数のDATA格納用ファイルを使用しています。 このファイルの1つでも削除されていますと、この「エラー53」が表示 されます。足りないファイルを追加しますと、ソフトは動きます。

>> 続きを読む

平成32年分 所得税確定申告 青色申告特別控除

平成32年分所得税確定申告から、青色申告特別控除が65万円から55万円に変わります。 但し、55万円の青色申告特別控除の適用要件に加えて「E-Tax」による申告か、「電子帳 簿保」を行うと青色申告特別控除は、65万円になります。 加藤かんたん会計は、この「電子帳簿保」には該当しませんので、E-Tax申告と合わせて ご利用頂けますと、青色申告特別控除は65万円になります。

>> 続きを読む

悪意のあるソフト

今年に入ってから、2件悪意のあるソフトTrojan-Dropper.Win32.Agent.bjtvbzが検出されましたという連絡を受けました。 すぐに、ウイルスチェックをしましたが、当方では検出はできませんでした。 ご利用者様の立場からしますと、解決策は無いのですかという話になります。 安心して使えるのは、加藤かんたん会計の公式サイトかVECTORのサイトです。 加藤かん

>> 続きを読む

仕訳日記帳を日付順に並び替える

加藤かんたん会計では、画面上で仕訳日記帳を日付順に並び 変えることはできません。 しかし、DATAをEXCELに落とし込めますので、EXCEL にて日付順にソートをかけることは可能です。 EXCElへの落とし込み方法は、YouTubeに掲載してあります。 https://www.youtube.com/watch?v=WCMaIpdlX8o  

>> 続きを読む

所得税の決算書

所得税の決算書は、税務署の雛形に従って作成します。 その雛形で、疑問に思うことは、事業主貸・事業主が翌期 に繰り越されないことです。また、元入金は期中に増減さえ なければ、ゼロでもマイナスでも良いのです。 1年間の損益を計算することに目的があります。貸借対照表 ではなく、「資産・負債調べ」と表示してあるのも、その為 でしょう。 簿記をよく勉強された方ほど、

>> 続きを読む

摘要欄の入力

摘要欄の入力は、漢字の入力が多いので、全角の利用が多いでしょう。日付・ 勘定科目コードは、全て半角です。その為、摘要欄の入力の度に半角から全角 に切り替えが必要になります。 これは、キーボードの左上にある「半角/全角」のキーを押すことで切り替え が自由に行えます。 出来れば、摘要欄にカーソルが移った際に、自動で全角に切り替われば良い のですが、少し難しそうです。

>> 続きを読む

 次のページ >>
会社・お店の記帳をしよう